考察 part1

ここ最近、女性と触れ合う機会が多くなりました。と言っても、恐らく8月までがピークでそれ以降は落ち着くと思いますが。。。

「考察」という項目を作って定期的に自分を振り返る記事を書いていこうと思います。続くかは分かりませんが、何か月かに1回とかのペースで書いていこうと思います。

 

とりあえず、今回は「最近、女性との触れ合いが多くなっている私ですが、それはオナ禁の効果なのか??」について軽くですが触れていこうと思います。

 

実を言うと、私はオナ禁ブログを面倒くさくなってやめていた時期に環境の変化があり、いままで出会ったことのない人に出会う機会が多くなり、それは女性関連に顕著で、今までの環境は正直、1か月で女性と話すのは多くて3回ぐらいだったのですが、今は1か月で半分以上は女性と話す機会(業務的なのではない)が出来ており、特に女性だという事を意識せずに話せている状況です。

 

「ただ話せているだけ、ときどき食事に行っているだけじゃないか」と思う人もいるかとは思うのですが、真の非モテは女性と話すことも出来ない、以前の私のような感じなので、これでも進歩だとは思ってます。

 

そして、本題の「それらはオナ禁のおかげなのか?」という事なのですが、私は100%とは言わないまでも、60~70%くらいはオナ禁のおかげだと思っています。

環境が変わってから、女性と触れ合う機会が増えたのは事実なのですが、それを生かすも殺すも自分次第であり、私もまだまだですが、何とかプラスの方向へ持っていこうと努力し、特に私は女性ともっと話をしたいと思っていたので、女性に対するオナペット化をやめることが必要だと思って、オナ禁をし、それで女性が自分に対して嫌悪感を抱かなくなり、食事に行くことも可能になったと個人的には思います。

 

正直、環境を変える前までは今まで1回も異性と食事は行ったこと無かったですし、環境を変えて1か月目は、変える前と同じだったのですが、オナ禁ブログを再開しようと思って、そして筋トレなどの良い習慣を取り入れてから、食事に行けるようになったので、効果は出ているのだと思います。

 

あとは思想の変化があり、

「相手を女性として見るのではなく、1人の人間として見ること。しかし、女性限定ではなく、男性に対しても1人の人間として見ること。」という思想の変化があります。「女性だから、顔が可愛いから」ではなく、「OOさんだから一緒に居たい」と思うようになりました。

この考え方が正しいとか、正しくないとかはありませんが、もし女性と話せないひとはこういう思想を持ってみるのもいいかもしれません。

 

いくら顔が可愛くてもつまらん人や気が合わない人が結構いることに、ここ最近気づいて、今までの私はただ顔が可愛いという理由だけで我慢してた感があり、しかも我慢したからと言って特に何かあるわけでもないということにも気づいたので、このような思想になったのですが、割と今は楽しく、年上女性なのにもかかわらず、遠慮もせず話せています。

 

といった感じで、どのような思想を持つかは人それぞれですが、自分の中で受け売りでもいいから軸をもつのは大切だと思うのでぜひ試してみてください。

 

とりあえず結論としては、「オナ禁は効果はあるけど、それプラス、環境や思想の変化も並行して行わなければならない」ということです。

 

 

長く、かつ日記みたいになりましたが、ブログ名が「考察」の時は割と自分が今現在思っていることを吐き出しているので、未来の自分が見たら面白いだろうなと思いつつ書きながらも、一応ブログなので見せられるように努力していこうと思います。

 

追記

「女性だから、顔が可愛いから」ではなく、「OOさんだから一緒に居たい」とか言いながらも、食事に行ったり、会話する女性はみんな可愛いので振り返ると矛盾感があるのですが、それは運がいいということにしておこうと思います(笑)

オシャレなお店 Part6

これからはブログの形態をPart式+OO禁O日目という形にして、行こうと思います。

 

このオシャレなお店で出会った外国籍の方と日本人の女性+私で、観光に行くことになりました!

流れは、私が「もう日本から帰ってしまうなら最後に思い出作りとして、どこか行かない?」的な文面を送り、「いいよ!」と来たので行くって感じです。

最初は2人で行こうかなと思いつつ、正直、日本人の女性とも1対1での話しがままならないので、チキって「OOさん(日本人女性)も呼ぼうよ!」と自分から言ってしまいました(笑)

 

ただ、私の’目的’と言ったら嫌な感じになりますが、いまは女友達を作ることをメインに活動してて、かつ、男と女の友情は成立するのか?というのを自分自身で行動し、結果を出したいと思っているので2人で行けなくても、自分の中ではプラスの行動なので、楽しみたいと思います。

食事 Part1

今日は女性と二人で食事に行きました。

最初から計画していたわけではなく、その女性が旅行に行き、そのお土産を貰う際に、ついでに誘って二人で行ったという感じです。

 

その時の話で、ホントに怖いなと思ったのが

その女性と会うのは1カ月ぶりだったのですが、その1か月間で変な男に絡まれていたということです。あまり詳しくは言えないのですが、1人目の男は彼女のSNSを恐らく特定し、そのSNSの内容をメッセージの文面に入れて送ってきたというものと、2人目の男は何度も何度もしつこくメッセージを送り、挙句の果てには、その彼女に逆切れしたというもの、の2つがあったらしく、ホント怖いなと思いました。

 

オナ禁ファイターの皆さんには、こういうことをする人はもちろんいないと思いますが、ホントに気持ち悪いんでやめましょう。

彼女はそれを面白がってはいたのですが、一応、私は「夜道とかいろいろ気を付けてね」とは言っておきました。

 

人間は人それぞれですし、全員が善人であるとはもちろん思ってません。ですが、こういう風に女性に対して迷惑だと思わない神経、態度を持っている人間が一定数いるという事実を受け止め、自分はこうならないように気を付けようと思います。

 

追記

今回はネガティブな記事になってしまったのですが、自分自身への戒めとして載せました。女性にご飯を誘うというレベルではなく、何度も何度も、訳の分からん長文メッセージを送ったり、しつこくメッセージを送っていて、気持ち悪い男ってこういうことを言うのかと思いました。ホントに、気を付けようと思います。

 

話しは変わりますが

今回、食事に行った女性と夏に、2人でドライブに行く可能性が出てきました。どうなるかは分かりませんが、あまり期待せずに行こうと思います。

オナ禁21日目

オナ禁の日数を全く数えておらず、過去記事で確認したところ、20日も経ってました。ただ、エロ禁は上手くできていないので頑張ろうと思います。

 

オナ禁の効果を感じることは無いですが、少なくとも

「エロを探す時間」、「抜いた後の無気力感=賢者モード」という二大悪は回避できているだけマシだと思います。

アノ無気力感を毎日、味わっていたと思うと苦行かよと思いますし、そりゃ、生気も無くなり、目がキモイ感じになるのも頷けます。

 

あと、

original-ricefield.hatenablog.com

いま思ったら、ここの職場は男女比1:9という環境でオナニーをしたら確実にバレて嫌悪感を抱かせる可能性があるので、リセットしてしまうことがあるかもしれませんが、なるべくやらないよう頑張ります。

オシャレなお店 Part5

original-ricefield.hatenablog.com

 

プレゼントを贈って何日か経ちましたが、結構喜んでくれたみたいです。というのも、同じバイト先の別の女性が、「プレゼントを貰ったことを自慢してたよ」と言っていたので、たぶん喜んでくれたのだろうし、渡して良かったなと思います。

 

ホント久しぶりに、人に喜んで貰えたような気がするのですが(笑)、自分が気付かなかっただけで私は、自主的に行動し、その結果、人に喜んでもらえることが実は好きだったのかもしれません。

もっとこういった機会を増やして行きたいなぁと思いつつ、今回は帰国するという、ある意味で口実があったからこのような行動(それでも最初は躊躇しましたが)を出来ただけで日常では難しいのかなとも思いつつ、常に人が笑顔でいたり、喜んでくれるようなことをその場その場で出来るようになりたいなと思いました。

オシャレなお店 Part4

original-ricefield.hatenablog.com

前回、こちらで母国語+英語+日本語が喋れる女性に仕事内容を教えてもらったということを書きましたが、その女性にある和グッズをプレゼントしました。

 

なぜ、プレゼントを贈ったかというと、彼女は今月に帰国するらしくその代わりを補充するためにアルバイトを募集していて私が入れ替わりで入ったという経緯があったらしく、もう2度と逢えなくなる可能性があり、せっかく何かの縁で知り合ったのだから、このままバイバイは寂しいのでプレゼント+手紙+手紙にメールアドレスを付けて送りました。

 

下心とかはもちろん無いのですが、日本の文化的に、そして今までの私の経験上、女性に何かをプレゼントをする機会は無く、かなり照れましたが、今では渡せて良かったなと思います。

 

私が仮に海外で働いていて何かの理由で日本に帰国することになったとき、例え触れ合った時間が短い期間だったとしてもその現地の人にプレゼントを貰ったら嬉しいので、プレゼントを渡した女性にもそう思ってくれたら嬉しいなと思いつつ、無理やり絡めますがアドラー心理学の「課題の分離」で、「プレゼントは喜んでくれたかな?」とか「手紙にメールアドレスを添えたけど送ってくれるかな?」とか正直、考えたくはなるのですが、考えずに行こうと思います。そしてこういった行動が照れなく出来る男になっていきたいと強く思った1日でした。

 

----

 追記

プレゼントを渡すときに

「Today I came to hand a present. You leave Japan. I am sad. Therefore I give this present for you.」

訳:今日はプレゼントを渡しに来ました。あなたは日本を去ります。私は悲しいです。なので、わたしはあなたにこのプレゼント贈ります。

 

っていう文章を言おうと思ったのですが緊張でTherefore I give this present for you.の部分を言い忘れてしまいました(笑)

英語力というのは抽象的ですが、「何を相手は話しているかを聞き取ることが出来て、それに対して自分が言いたいことをしっかりと言える能力」を身につけて行きたいなと思いました。

オシャレなお店 Part3

original-ricefield.hatenablog.com

前回の続きで、記事にしましたがスケジュールを出したら、「じゃあ、この日来てよ」ってなったので、採用されました(^^) めちゃ、幸せです。

 

仕事内容を教えてくれた人は海外の女性の方だったのですが、とても優しく、母国語+英語+日本語と3か国語も使うことができ、ものすごく尊敬しています。

私も日本語+英語+αで身に付けたいと彼女と接して思いましたし、出来ないことは無いと思うので、まずは英語からですが頑張っていこうと思います。

 

また、つい最近見た記事で、似たような言語体系はそこまで負荷を掛けなくても喋れたりすることが出来るというのを目にしました。

漢字で書かれている中国語を何となく理解できるように、海外の場合、ラテン語が元となって派生したもの(スペイン語、フランス語、イタリア語)のうち1つを習得すれば他の言語も比較的簡単に覚えることが出来るという感じらしいです。

これがどこまで本当かは知りませんが、自分が被験者となって試してみて、このブログで成果発表していくのも面白いかもしれませんね(笑)

 

とりあえず、語学を学ぶことで何となくですが、世界が広がっていく感じがしますし、英語で会話してるときは、笑顔の回数も増えて居心地が良いのでこれからも頑張っていこうと思います。