無理をし過ぎると

この3日間、ずっとオール状態で結果的に風邪を引いてしまいました。当たり前過ぎますが、無理をし過ぎると身体の調子が悪くなります。

 

ただ、ここで思うのが

毎日睡眠時間が3時間で働かされ、結果的に自殺してしまった人や、その他のいろいろな人たちのことです。

仕事は大切だと思いますが、そこまでやる必要性はないと思っていて、むしろ私は徹底的にサボればいいとすら思っているのですが、なぜならそれは、

仮に3人でないと回せない仕事があったとして、頑張って2人で回すことが出来たとします。そしたら、何が起こるかと言うと、次からは3人で回すことを前提では無く、2人で回すこと前提で話が進む(=コストカットされて)と思うのですが、これは結果的に誰が得したかというと、会社であって、別に私たち従業員ではないと思うのです。

やけに、会社目線で物を語る人がいますが、別に企業は絶対にこの人でないとダメということはないと思いますし、仮にそうであるなら高い給料を支払うはずで、偏見かもしれませんが会社目線で物を語る人に限って勘違いしている人が多い気がします。

 

そして徹底的にサボればいいと思っている理由もその辺りにあって、もちろん頑張れば頑張るほど、給料が上がると思います。ただ、それは自ら働きかけているときであって、人から何かを言われた時や命令されているときではないと思いますし、興味関心があることはサボりたくても興味関心が出てくるので、結果的に頑張ってしまうと思うのですがどうでしょうか?

私は無理をしてやるぐらいなら気楽にやったほうがいいんじゃないか?と思いますし、真面目にやるのはいいけど、それを他人に押し付けてまでやるのは間違っているのではないか?と思います。

 

と、3日間オールとは全く関係ありませんが、何に関しても無理し過ぎると良くないですし、自分のことを他人に押し付けるのは良くないんじゃないかと体調を崩しているときに思ったので書きました。

自分が輝いているとき

お久しぶりです。

ここ最近は忙しい&オナ禁の効果がよくわからなくなっているため、なかなか更新できてませんが、今回は少し毛並みを変えて行こうと思います。

 

人それぞれ、自分の強みがあると思いますが、その自分の強みはどういう環境のときに発揮されていますか?

私はここ1~2ケ月ほど、自分自身をより知るために日々を自己研究しているのですが、自分の強みが発揮されるときは「笑顔が多い時」「相手に信頼され、また自分も相手に信頼しているとき」だと感じるようになりました。

 

ただ、2つ目の「相手に信頼され、また自分も相手に信頼しているとき」が自分にとっては最大の難関で、私は基本的には人に誤解されるほうが多いのですが、一度信頼を得ると、相手の方から様々な奉仕を受け、信頼している人は徹底的に私の面倒を見てくれますし、してない人は徹底的に嫌うという、私に対して信頼をしている人、していない人の差はとても激しく、自分自身でも困惑するほどなのですが、この信頼をいかに構築していけるか?が私の人生的にも重要になってくるのではないかと思います。

 

また、「笑顔が多い時」というのも私には大切で、あまりにも官僚的すぎる、常に緊張感がある仕事や場はとても苦手で、年上、年下関係なく話すことが出来る環境下に所属しているときに私はより能力を発揮できるような気がして、そういう環境にいるときに私は笑顔も多い気がするなと何となくですが気付きました。

 

と、何が言いたいのか、まとまりに欠けますが

自分の強み・能力が最大限発揮できる環境下に居なければ、折角の人生を浪費することになる気がしますし、また自分の能力を最大限発揮する環境はどういうときかを理解することが必要で、理解したならば、その環境を手に入れるにはどのような行動をすればいいのか、を考える必要があるのではないかと思います。

 

オナ禁 1か月

いつの間にか、オナ禁1か月経過してました。

 

オナ禁の効果で目覚めが良くなるというものがありますが、確実にそれは感じることができて、精力的に動けている気がします。

女性関係も前回の

original-ricefield.hatenablog.com

記事でも書いたのですが、それなりに進展がありますし、いい感じではあると思います。

 

ただ、それがオナ禁によるものなのか、というのは分かりませんがオナニー後の疲れを毎日、感じなくなったのは良い事だと思うのでこれからもリセットをするかもしれませんが、続けて行こうと思います。

近況

ここ最近は忙しく、PC自体あまり開いていませんでしたが、更新したいと思います。

 

女性関係でいうと1つ目は

職場で、私に毎回話し掛けてくれる女性がいて、色々と質問されたのですが、私の昔からの癖というか、心の気持ちで、身辺を聞かれたり、そこまで仲良くない人に自分のことを喋るのは苦手で、適当な事を言ってごまかしてしまいます。

 

詮索されるのが嫌だということと、その女性は私の知らないところで恐らくですが自分のことを話題にしているっぽく、例えば1人暮らしをしているかどうか、や誕生日など、を私はその職場で一度も話題にしていないことを知っているらしく、

誕生日の例を挙げましたが、詮索されている途中の会話で

「オリライ君って誕生日はいつなの?」と聞かれ、私は正直に答えたのですが、その時に「誕生日は本当なんだ」みたいなことを言って(あれ?誕生日が何月かどうかこの職場で話したことないのに何で知ってるんだ?)となり、少し怖かったです。

仮にこれが「オリライ君ってOO月が誕生日なんだね!」なら分かるのですが、「誕生日は本当なんだ」というワードが妙に引っかかるのです。結局何が言いたいのかというと、これは私だけかもしれませんが、自分のいないところで、それがどんな話題であっても噂されるのは嫌だということです。

とりあえず、私は会話を誤魔化して、雰囲気もそこまで良くなく、悪印象を確実に与えたのでこれ以上詮索されることはないと思いますが、何だか怖いですし、自分も気を付けたいと思いました。

 

2つ目は

外国人女性と食事に行くかもしれないということで、相手から誘われたということです。割と最近仲良くなった女性で、初の日本人友達が私らしく、それも相俟って行くことになりました。

日本食料理を食べに行こうといろいろお店を探している段階ですが、楽しめそうですし、せっかくだから日本のことをもっと好きになって欲しいなと思います。

お寿司が苦手(生魚を食べる文化がない地域出身)らしいのですが、お寿司もありつつ、メインは他のがあるお店に行こうかなと思います。

 

というわけで、更新していない2週間ほどでこのようなことが起こりました。10~12月は女性関連は自分から働きかけない、チャンスが無いので進展はないと思っていたのですが、色々とありました。

 

これらがオナ禁の効果かは分かりませんが、1つあるとしたら、

「女性に興味が無くなったわけではないけど、他にやりたいことがあったり、単純に忙しく女性に構ってる時間が無い」ということぐらいだと思います。

 

1の女性には興味を持たれることはありがたい反面、詮索されるのは嫌で失礼な態度をとってしまいましたが、これから会うときは特に気にせず、いつも通りに接しようと思います。

食事 Part6

original-ricefield.hatenablog.com

先日、偶然出会った女性と、また食事に行きました。

カレーを食べに行ったのですが、恋愛の話をしたり、将来の話をしたりして、楽しかったです。

 

ただ、このカレー屋さんはかなりフレンドリーなところでお客さんに話し掛けてくるスタイルのお店だったのですが、ずっとカップルだと勘違いされ、ちょっとそこは気まずかったです(笑)

 

また前回、自分の考察した

 モテたい、振り向かせたいと思って変にカッコつけるよりか、男友達と話しているときのような感覚(もちろん、下ネタはダメですが笑)の方がいいような気がしてきました。

というのを確かめたのですが、やはりこのスタンスの方が良く、これに加えて「男友達と話しているような感覚を持ち、そして相手を楽しませようとする気持ちを持つこと」が大切なのではないかと思いました。

 

男友達と話すときは、ある程度共通の趣味があったり、何か魂で語り合う部分があるときがあると思うのですが、まだ私は女性に対してその領域に達しておらず、ただ、この領域を女性に当てはめるとすると今の私の趣味やオタク気質な面を考慮すると気の合う女性がかなり減ってしまい、譲歩が必要な状況なので、「相手を楽しませようとする気持ちを持つこと」といった形であいまいな感じにしてます。

 

「相手を楽しませる」ではなく、「相手を楽しませようとする気持ちを持つこと」というのも大切で、「相手を楽しませる」は自分のエゴ、押し付けの面が含まれているような気がしてしまったので「気持ちを持つこと」というニュアンスにしました。

 

ホントなら、気の合う、魂で語り合える、バカやれる女友達が欲しいなと思ったりしなくもないのですが、これを女性に求めるのは何か違う気がしてならず、ある程度距離感を保ちつつ、その距離感を程よいものにするのがいいのかなと、いまは思います。

 

この辺の心情は、そのときどきによって変わるとは思うのですが、いまは程よい距離感を保つことをメインに、友達関係を続けていければと思います。

 

追記

彼女を作るためのオナ禁をメインにはしてませんが、1年ほど前の全く女性と話せない状況から考えると進歩を感じますし、女性と話すことが日常に組み込まれた感じがして、今では特に物怖じしなくなりました。だからといって、モテてるわけでもないですし、彼女もいませんが階段は確実に登っていると感じるので、徐々に頑張ろうと思います。

リセット

リセットしました。日数は数えていないのですが、恐らく3週間ほどで抜いてしましました。また頑張ろうと思います。

食事 Part5

秋冬の洋服を1~2時間ほどかけて選んで帰ろうと駅に向かっていたら、たまたま女友達がいて、どこに行くのか聞いたら「水族館の年パスを持っててイベントやってるから行くんだけど、来る?」って言われ、暇だったので行きました。

 

イルカのショーなど定番のものから、日本では見ることが出来ない生き物を見て、とても楽しかったです。

その女性は5歳上なので私は弟のような感覚らしく、お互いに恋愛感情が湧かないので自然に話すことが出来たのですが、これは確信になりつつあるのですが、好意を持っている女性とそうでない女性のときの話し方に少し違いがあるなと思い、このことは自覚はしていましたが、確信になりつつあるのはそこではなく、好意をもっていない女性と接しているときのほうが自分の中で楽しく会話できますし、相手もそう思ってくれていることが多いような気がするのです。

 

言い換えるなら、モテたい、振り向かせたいと思って変にカッコつけるよりか、男友達と話しているときのような感覚(もちろん、下ネタはダメですが笑)の方がいいような気がしてきました。

 

まだ、確信にはなっていないので何とも言えませんが、私が未来に会う女性には、この男友達のように接するというスタンスをしようと思います。

ただ、ホントに好きになった相手に対してもこのスタンスを貫けるか、が問題ですが、それはそれで1つの経験として学んでいこうかなと思います。

 

追記

この女友達は以前、筋トレをしていて最近はリアルが忙しいのでジムに行けないらしく、余っていたプロテイン2つと、BCAAのサプリを貰いました。5000円分くらいの価値があるものを貰ったのですごく嬉しいです(笑)