オナ禁29日目 ~美男と野獣~

外に出て歩いていたところ、奇妙な光景を目にした。

雑誌の表紙を飾れそうな男性と決して美人とはいえない女性が手をつないで歩いていたのだ。私はあまりに奇妙な光景だったため、どういう関係なんだ??と疑問に満ち溢れた。

いま話題のレンタル彼氏というものかとも思ったが、私が住んでいる地域にはそのようなものは確実に無いと言えるし、あくまでも私の想像ではあるがむしろホストに貢いでいる女性(ホストクラブがあるかは知らない)というような印象を受けた。

 

2人の関係にとやかく言うつもりはないが、もしかしたらあのカップルは見習うべき存在だったのかもしれない。

オナ禁をして、よく言われるのは女性を顔ではなく、性格や気が合うかで選ぶというものがある。(私も最近はこうなってきている気がするが、まだまだである。)

 

私から見るに女性は美人であるとは言えなかったが、そのイケメンの男性は何か惹かれるところがあったのだろうし、

女性は女性でその男性と付き合う?関係まで至るに何らかの行動を起こしたから手をつないで歩いていたのだと思う。と

 

あくまでも私の想像なので何とも言えないが、こういう風に考えてみるとオナ禁実践者の私からすると、見習うべき存在であると言える。

私は野獣側であるから、どんどん行動しなくてはと思う一日であった。

 

 

------

最近、身近にいろんなことが起こりつつあるが、オナ禁によって何かがもたらされているのかと思ってしまう。見える世界が広がったというのは言い過ぎかもしれないが、街に出て歩いているだけで何かワクワクしている自分がいる。幼少期の蝉取りのような感覚だろうか?

パーティーやライブのような楽しさとは少し違うが、楽しいと感じる日が多くなってきている気がする。オナ猿の時は些細なことでイライラしていたし、楽しいと思える日が少なかった。だが、オナ禁をすることによって日々も楽しいと感じるようになってきたし、元々明るい性格ではあったがもっと明るくなった気がしなくもない。

現状維持というのはあんまり好きではないので1度でも右肩上がりになるように、行動したり、何か気づきを得たいと思います。